たくさん(多く)借りる方法ってあるのか?

カードローンの限度額の上限は500万円~800万円と高額になっています。ただ上限まで借りている人は、ほとんどいないでしょう。

 

上限までは必要ないけど、できるだけたくさんのお金を借りたいという人は、少なからずおられるはずです。

 

ただ消費者金融は年収の1/3、多くの銀行カードローンは年収の1/2または1/3までと貸付できる上限を定めています。

 

カードローンからできるだけたくさん借りる方法について説明します。

 

たくさん借りるポイント

・いきなり高額を期待してはいけない
・年収を増やす
・増額で限度額を上げる

 

いきなり高い限度額で借りれない

 

収入や仕事内容によってはたまに、100万円超の高い限度額が設定されることがありますが、初めてカードローンへ申込する時は50万円位までしか借りれないことが多いです。

 

審査次第なので50万円超を絶対借りれないとは言えませんが、審査に通ることを考えると申込額は50万円までにしておいたほうがいいでしょう。

 

50万円超必要だからと複数の会社へ一気に申込をすることは、「申込ブラック」と呼ばれ審査でマイナスになります。2社までなら問題ないと考えられるため、初めての利用なら50万円×2=100万円くらいでしょう。

 

カードローンで初めての契約で、1社からたくさん(100万円超)のお金を借りることは難しく、申込を増やすと審査に悪影響となります。

 

取引中にお金が必要になれば増額?新規申込?

 

カードローンでお金を借りて取引をしていると、追加でお金が必要になることがあります。

 

限度額内の追加借入で足りれば問題ありませんが、限度額を超えてお金が必要となれば話は変わってきます。

 

この場合の選択肢は、@借りているカードローンで増額(増枠)する、A新たなカードローンへ申込をするがあるでしょう。

 

@借りているカードローンで増額(増枠)する

 

増額とは現在設定されている限度額を高くして、新たなお金を借りることです。例えば限度額50万円を限度額70万円に増額すると20万円借りることができます。

 

新たな借入をするため、審査が行われます。信用情報確認、内容に変更ないか確認。在籍確認等が行われます。増額をすると限度額によっては収入証明書が必要になります。

 

増額をするメリットは、カードが増えないことです。複数枚持っているとバレる危険性も高くなります。

 

もう1つのメリットは限度額が100万円以上になると金利が低くなるため、適用される金利が下がる可能性があります。100万円以上の以上の上限金利は15.0%と法律で決まっています。

 

これにより消費者金融の金利18.0%は100万円以上で15.0%に確実に下がるのです。銀行カードローンは15.0%より低ところが多いですが、100万円以上で金利が下がるのがほとんどです。

 

増額のメリット

・余計なカードを持たなくていい
・金利が下がる可能性がある

 

増額審査は取引内容が重要?

 

増額する場合、借りているカードローンで延滞をしてないか等の返済状況は増額審査に影響します。

 

数日であっても毎月延滞していれば悪影響、遅れず返済していれば好影響になります。

 

遅れず返済かつ多めに返済をしていれば、審査ではさらに良い影響を与えるでしょう。

 

増額をする時、審査する側は毎月の返済額が増えたことにより、返済ができなくなることを心配します。

 

そういった時に毎月の返済額を多めにしていれば、増額後の返済への安心材料となるのです。増額後の返済額を支払っていればさらにいいでしょう。

 

増額はこちらからではなく、銀行や消費者金融から案内が来ることもあります。返済状況が良好なことはもちろんですが、限度額内で適度な借入をしていることも大事です。全く追加借入していないと、「増額してもどうせ使わないだろう」とマイナスなイメージとなるからです。

 

A新たなカードローンで申込をする

 

銀行カードローンで増額するよりは、新たに消費者金融で借りた方が、審査~融資までの時間が早いことがあります。消費者金融の審査時間は最短30分となっているためです。

 

そして新たに申込をすると収入証明書を用意せずに借りれるお金が多くなります。

 

消費者金融と銀行カードローンの多くは50万円超で収入証明書が必要です。既に5限度額が50万円の人が増額すると収入証明書は必須となりますが、別のところに申込すれば50万円まで収入証明書不要で借りれます。

 

消費者金融は借入総額が100万円を超えると収入証明書が必要となります。

 

新規申込をするメリット

・審査~融資までに時間が短い
・収入証明書不要で借りれる

 

年収を増やす

 

当サイトでも説明していますが、消費者金融等の貸金業者から借りることができる金額は、年収(税込)×1/3までと法律で制限されています。

 

銀行カードローンは法律での規制はありませんが、各銀行とも年収×1/3または1/2までとしています。

 

つまりたくさんお金を借りるためには、年収が多くないと借りることができません。

 

取引中に収入が増えたのであれば、申告して収入証明書を提出することによって借りれるお金は多くなります。

 

たくさんあるカードローンの中でお金を借りるなら?

消費者金融:急ぎでお金が必要な人 短期間(1ケ月以内)で完済予定な人

 

銀行カードローン:低金利で借りたい人 急いでない人

 

消費者金融や銀行等たくさんのカードローン商品があります。消費者金融と銀行カードローンには、それぞれメリット、デメリットがあります。

 

おまとめローンは必要以上にお金を借りれない?

 

複数の借入を1つにして金利や返済額が下がる商品をおまとめローンと言います。

 

消費者金融にはおまとめローン専用商品があります。借りれる金額は他社返済額だけで、それ以上のお金を借りることができません。

 

銀行の場合、フリーローンや専用商品を利用すると他社返済分以上の借入は難しいでしょう。

 

ただ銀行の中にはカードローンをおまとめローンとして利用するところがあります。その場合であれば、他社返済分以上のお金を借りれる可能性はあります。